トレーディングカードゲームは高価買取が期待できるホビー

ホビーのなかでも、子どもから大人まで人気なものの1つがトレーディングカードゲーム(TCG)です。中古ホビー業界でもトレーディングカード(トレカ)の取引は盛況で、なかには数万円以上の価格で買取されているものもあります。

トレカはオークションや中古販売がされやすいホビー

トレーディングカードゲームは、専用のカードをもちいて対戦形式で遊ぶアナログゲームのジャンルです。プレイヤーは、発売されているトレカのなかから、一定のルールに基づいて使用するカード群(デッキ)をつくり遊びます。

トレカは、多くの場合単品では販売されず、複数のカードのなかからランダムで封入されたパックで購入する必要があります。そのため、欲しいカードを手に入れるには、パックを購入するほかに、プレイヤー同士で交換したり、専門の中古カードショップやインターネットのオークションなどで購入するのが一般的です。

人気や希少性の高いカードは高額で買取してもらえることもある

トレカは、ゲームの人気やカードの能力・希少性により買取価格が上下します。とくに世界初のTCGである『マジックザギャザリング』は全世界にファンがおり、1枚のカードが100万円以上で取引されたこともあります。

日本のTCGの場合、マジックザギャザリングのほか、『遊戯王』や『デュエルマスターズ』などが人気です。また中古ショップでは、熱狂的なファンが多いトレカの価格が高くなる傾向があり、サッカー選手を題材にした『WCCF』やゲームではないものの、AKB48などのアイドルをテーマにしたトレカなどが高額で買取されています。

トレカの種類によっては高価買取が期待できる

トレカは、いまや大人も夢中になるホビーの1つです。トレカの種類によって相場が高いこともあるので、昔集めたトレカを専門のショップに持ち込めば、高額で買取してもらえるかもしれませんよ。

関連する記事